短期間でお尻のたるみを解消できる驚異のヒップアップ法を実践した結果

薄着になる夏はどんな女性でも自分の体形が気になると思います。

私も40代を過ぎた頃から、自分の体形が気になり始め、薄着の季節が憂うつでたまりませんでした。30代後半くらいから、少し食べ過ぎるとすぐに脂肪になってしまい、運動してもなかなか体重が減らなくて困っています。

そのため、あまり外から体形が分からないように、大きめのワンピースや着やせして見える服を好んで着用していました。

 

特に、私が一番変化を感じたのはお尻でした。お風呂場の鏡で後ろをチェックすると、ぶよぶよのお尻がズドンと下にたるんでいるのです。いつの間にこんな形になってしまったのだろうと思いました。

ジーンズをはいても、こんなたるんだお尻では恥ずかしくて外を歩けません。そこで、自宅でできるヒップアップ法に挑戦することにしました。

 

私が試したのは「相撲スクワット」です。お相撲さんのような格好で3パターンのスクワットを繰り返すのですが、これを30日間続けました。一時期流行った「30日スクワットチャレンジ」という方法です。

最初は1日50回くらいからスタートし、徐々にスクワットの回数を増やし、最終的には1日250回ほど行います。

1日250回と聞くと驚くかもしれませんが、少しずつ回数を増やす方式だと意外と簡単に実践できるようになるものですよ。

 

ただ、やり始めたばかりの1週間だけは筋肉痛に悩まされ、階段の上り下りなどが大変でした。

しかし、体が慣れ始めてくると、筋肉痛は自然に治まっていき、次第にヒップアップの効果が現れてきたのです。

実際に、わずか30日でお尻がかなり引き締まりましたよ。短期間に効果が出るのはモチベーションもアップしますし、嬉しいですよね。

 

しかも、相撲スクワットで引き締まったのはお尻だけではありません。

トレーニングで足にも力が入るので、太ももやふくらはぎなどもギュッと引き締まってきたのです。また少しずつお尻の位置が上がってきたため、足も長く見えるようになりました。これは非常に嬉しい誤算です。

 

でも、スクワットを完全にやめてしまうとすぐに垂れたお尻に逆戻りしてしまうので、1日30回~50回くらいは続けた方がいいと思います。

私も30日間実践した後はトレーニングを怠けてしまったのですが、少しずつお尻が再び垂れ始めてきたので、慌ててスクワットを再開しました。

 

結局、短期間で効果があるダイエット法はすぐに元通りになってしまうので、目標達成した後も、続けなくちゃダメということなんですね。

1日250回もスクワットできるようになれば、1日50回くらい簡単にこなせますから、私もずっと続けていきたいと思います。
生活をしていくつもりです。

日々の生活パターンや行動に落とし込む、それが私流ダイエット

痩せたい、去年から少しだけ付いてきた肉が、なかなか落ちない。

ホント去年までは、少々体重が増えたところで、少しおやつを我慢したり、晩御飯の量を数日減らすだけですぐに体重が落ちていたのに、今回はなかなか落ちない。

ビールを辞めても、ご飯を我慢しても、おやつを食べなくても、体重が落ちないのです。なんでしょう、、、やっぱり年齢のせいなのかしら?

40代に突入するまではそんなことなかったのに、ついに突入した40代、思いっきり影響を受けているのでしょうか。今までもしてこなかったダイエットなので、そもそもそれほど頑張ってダイエットしようという気持ちにはなれないし、やっぱり思いっきり食べてたい。

運動する時間をわざわざ設けるほどの余裕もないし、ましてやフィットネスジムに通うなんて、お金も時間ももったいないんです。

さて、どうしよう。だからといって太るのはもっと嫌だ。そんな私は少しでも痩せれる要素を、普段の生活に入れるようにしているのです。

まずは通勤。

家から駅まで、駅から会社まで、できるだけ速足で歩くようにしました。そのために、少しだけ良い、歩きやすい靴を自分にしては珍しく奮発して買っちゃいました。

普段靴なんて、なんでもいいから安いやつしか買ったことなかったのですけどね。

速足で姿勢も良く胸をはって歩くようにしました。

そうすると歩いているだけでじっとりと汗をかいていくので、運動になってカロリーを消費できているのではないかと思っています。

下手にフィットネスジムのロードランナーを走るくらいなら、強制的に毎日必ず歩くことになるし、距離も決まっているので欠かさず継続できるのでは、そんな思いがありました。もう一つは、その駅から会社までの道のりを、一つ手前の駅で降りて長くしています。

どうしても仕事の都合で急がないといけなかったり、大雨の時はもちろん電車でそのまま行きますが、できるだけ毎日ひとつ手前の駅で降りて、余分に歩いているのです。

時間にしてプラス15分から20分ぐらいですか、がんばればなんとかなるものですし、がんばるのはどちらかというと早起きすることですかね(笑)。歩くこと自体は、それほど苦痛にはなりません。

その二つを工夫することで、往復で1時間以上ウォーキングを、平日仕事のある日はすべて取り入れることができています。

おかげで少し体を絞ることができました。それ以上に下半身が締まった感じがしてきたので、もう少し続けていくつもりです。

ダイエットに成功

“私は、1ヶ月くらいで10kg近く太ったことがあります。

今までにない体重になりショックがかなり大きかったのを覚えています。バスケットボールを20年近く続けていて、一時期スポーツをやめていた時期でした。

スポーツを続けていた頃と同じように食べていたら太りました。その時わかったのが、スポーツでどれだけ消費されているのかがわかったことです。毎晩仕事終わりに走りにいき2時間くら汗をかきました。

運動をすることと、野菜生活や夜遅くにご飯をたべないことを心がけました。絶食など体に悪いダイエットをしたくなかったので自分なりに出来る範囲を考えてやってみました。

また、スムージーというのにも挑戦してみましたが、お腹がすくのと一食分に置き換えることが不可能でした。

一食分に置き換えていけるが一番ベストかなとは思ったのですが、たくさん食べていた私にとってはスムージープラスご飯を食べるというふうになりがちで逆に体重がすこし増えました。

運動と野菜生活にかえ1週間で5kg落としました。急激に落としすぎなのかなと思ったのですが、運動がとても効果があったようです。急激に落とそうとせずに地道に体重は落としていくのが一番よいかと思います。

一気に増えた体重で膝が痛くなっていたので速く落としたいと思い落としたら体調を少し崩しました。

現在は、週2で運動を行なっています。食欲も前よりか減少し、がつがつ食べることはなくなったように感じます。

野菜ダイエットする方がたくさんいますがそれも効果的なのではないかなと思います。

お肉ばかりの生活だと偏ったりするので一食野菜にかえるなどしていくと自分の体調管理もしやすくなると思います。
あと、お米ばかりを食べ過ぎないことが一番だと思います。

お米が大好きな私ですが、野菜にかえることで炭水化物を減らすことができました。あと、若いうちに痩せておくことやそれをキープすることが大事だと感じました。

また、走ったりが不可能な方は、バランスボールで跳ねて筋トレするのも効果的です。筋肉がついて体重の変化がなくても、脂肪が減少しているのがお腹をさわっただけでわかります。

バランスボールだけだと全然へらないというかたは、腹筋をして筋肉にかえるのも可能かと思います。

私の体験談がみなさんのお役にたてるかは微妙とは思いますが、適度な運動、2日に1回ぐらいの筋トレ、食生活の偏りがないように心がけることが一番大切なことかなと私は実感しました。”