短期間でお尻のたるみを解消できる驚異のヒップアップ法を実践した結果

薄着になる夏はどんな女性でも自分の体形が気になると思います。

私も40代を過ぎた頃から、自分の体形が気になり始め、薄着の季節が憂うつでたまりませんでした。30代後半くらいから、少し食べ過ぎるとすぐに脂肪になってしまい、運動してもなかなか体重が減らなくて困っています。

そのため、あまり外から体形が分からないように、大きめのワンピースや着やせして見える服を好んで着用していました。

 

特に、私が一番変化を感じたのはお尻でした。お風呂場の鏡で後ろをチェックすると、ぶよぶよのお尻がズドンと下にたるんでいるのです。いつの間にこんな形になってしまったのだろうと思いました。

ジーンズをはいても、こんなたるんだお尻では恥ずかしくて外を歩けません。そこで、自宅でできるヒップアップ法に挑戦することにしました。

 

私が試したのは「相撲スクワット」です。お相撲さんのような格好で3パターンのスクワットを繰り返すのですが、これを30日間続けました。一時期流行った「30日スクワットチャレンジ」という方法です。

最初は1日50回くらいからスタートし、徐々にスクワットの回数を増やし、最終的には1日250回ほど行います。

1日250回と聞くと驚くかもしれませんが、少しずつ回数を増やす方式だと意外と簡単に実践できるようになるものですよ。

 

ただ、やり始めたばかりの1週間だけは筋肉痛に悩まされ、階段の上り下りなどが大変でした。

しかし、体が慣れ始めてくると、筋肉痛は自然に治まっていき、次第にヒップアップの効果が現れてきたのです。

実際に、わずか30日でお尻がかなり引き締まりましたよ。短期間に効果が出るのはモチベーションもアップしますし、嬉しいですよね。

 

しかも、相撲スクワットで引き締まったのはお尻だけではありません。

トレーニングで足にも力が入るので、太ももやふくらはぎなどもギュッと引き締まってきたのです。また少しずつお尻の位置が上がってきたため、足も長く見えるようになりました。これは非常に嬉しい誤算です。

 

でも、スクワットを完全にやめてしまうとすぐに垂れたお尻に逆戻りしてしまうので、1日30回~50回くらいは続けた方がいいと思います。

私も30日間実践した後はトレーニングを怠けてしまったのですが、少しずつお尻が再び垂れ始めてきたので、慌ててスクワットを再開しました。

 

結局、短期間で効果があるダイエット法はすぐに元通りになってしまうので、目標達成した後も、続けなくちゃダメということなんですね。

1日250回もスクワットできるようになれば、1日50回くらい簡単にこなせますから、私もずっと続けていきたいと思います。
生活をしていくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です